車買取査定

車買取時の日頃のメンテの恩恵

車買取時の日頃のメンテの恩恵




車買取時の日頃のメンテの恩恵



もしかしたら現時点では車を売却することは検討していなくても、日頃の心がけによって、
いざ車を売ろうと思った時に、 車査定で下取より高く車を売ることができるかもしれません。
たとえば、新車を購入して長く乗ることを考えているならば、 定期的なメンテナンスプログラムを実施しているディーラーのサービスを受けることにされるでしょう。
最近ではそのようなプログラムも充実しているため、 ほとんどのディーラーでは新車購入から1カ月後の点検と半年後の点検を無料にしているかもしれません。

問題はその後です。6カ月点検の後は3年後の車検まで何もしないという方もおられるかもしれません。
日本の現行の制度では、12カ月と24カ月の法定点検を定めています。
そのように定められているのに、多くの人がそれを受けないのはなぜでしょうか?
それは、有料であること、そしてそのような法定点検を受けなくても、罰則によって処罰されるわけではないからです。
しかしながら、法律で処罰されることがないので、そのような法定点検はオプションであると考えるのは間違いでしょう。
そのような法律を順守することは、自動車のユーザーとしての責任なのです。だからこそ、進んで受けるべきかもしれません。

また、そのような点検を受けることは整備記録に記載されますので、いざ車買取をお願いするときにも高い評価を得ることができるわけです。
しかし、さらに言うならばそのような法定点検以外にも、日常点検を怠らないことも自動車ユーザーの努めです。
それには定期的なメンテナンスプログラム、オイル等の液体のこまめなチェックも含まれるかもしれません。
とくに、オイル交換を定められたサイクルに従って行なうことは、車の調子に大きく影響を与えます。
このようなメンテナンスは、車を高く売る、車買取のために行なうというよりも、 自分の安全と社会的責任を果たすという意味においても行なうべきでしょう。
しかしながら、その副産物として、車を売るときに有利になるということもできるのです。